診療部門のご案内

臨床検査部

理念

  1. 臨床検査は「命を測る」をモットーに日々の精度管理を厳密に行い質の高い検査データの提供に心がけます。
  2. 臨床検査の質確保・質改善に取り組み、他部門とコミュニケーションをとり、臨機応変に対応できる組織力を身につける努力をすることを心がけます。
  3. 生き生きと希望を持って働き、勉強する環境を整えるよう努力します。

検査体制

臨床検査部は専任医師1名、臨床検査技師14名で構成されており、患者さんの検査、採血を行っています。その中には細胞検査士1名、超音波検査士2名(消化器・循環器)、認定臨床微生物検査技師1名など、専門資格を取得した職員が在籍しています。

各々職員はこれらの資格取得を目指して日々技術や知識の習得に努め、より精度が高く正確かつ迅速な検査結果を患者さんへ提供できるよう心がけて業務を行っています。

検査概要

大きく分けて2つの検査を行っています。

検体検査

検体検査は患者さんから採取した血液や、排出された尿、糞便などを検体として実施します。

検査の内容により主に尿・体腔液を調べる一般検査、白血病などの血液疾患を調べる血液検査、血液中の成分を調べる生化学・免疫血清検査、輸血検査を実施しています。

その他にも組織・細胞などを調べる病理・細胞診検査、尿や喀痰から細菌培養を行い感染症の原因菌を検出する細菌検査があります。

検体検査

検体検査

生理検査

患者さんの身体を直接調べる検査です。循環器系(心電図・心臓超音波検査他)、呼吸器系(肺機能検査)、神経系(脳波他)など様々な検査があります。

どのような検査方法・内容であるかわかり易く説明し、患者さんが快く検査を受けて頂けるよう心がけています。

生理検査

生理検査

  • 採用・募集
  • 看護部
  • 健診センター部のご案内
  • 法人情報

ページの先頭へ戻る