診療科のご案内

外科(乳腺外科・心臓血管外科)

外科のご案内

平日は月曜日から金曜日まで午前中に一般外来を行い、特殊外来は火曜日の午後に乳腺外来、第2、第4木曜日の午後に心臓血管外来を行っております。心臓血管外来には岐阜大学院医学研究科高度先進外科学の教授及び医師の、岐阜県を代表する第一人者の先生方をお迎えし、中央で受けられるトップクラスの診断と治療をこの下呂地区でも受けることが可能となります。

医師紹介

役職 氏名 資格等
医監 山森 積雄(やまもり つみお) 日本外科学会認定医・指導医
日本消化器外科学会認定医
日本救急医学会専門医
日本乳癌学会認定医
中部外科学会評議員
東海外科学会評議員
外科部長
兼救急部長
山内 希美(やまうち きみ) 日本外科学会(専門医・指導医)
日本消化器病学会(認定消化器病専門医)
日本医師会(認定産業医・認定健康スポーツ医)
日本乳癌学会(認定医)
検診マンモグラフィ読影認定医
日本消化器外科学会(専門医・指導医)
日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)
インフェクション・コントロール・ドクター(日本救急医学会)
東海外科学会評議員
臨床検査部長
院内感染対策室長
松友 寛和(まつとも ひろかず) 日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
マンモグラフィ読影認定医
  岩田 孝太郎(いわた こうたろう)  

消化器一般

消化器全般の悪性腫瘍(胃、大腸などの消化管、肝胆膵臓領域、内分泌領域など)の術前診断、 進行度を消化器内科と詳細なカンファランスで検討の上、患者さん個々に最も適した治療法(腹腔鏡下手術、 開腹手術、内視鏡的切除)を選択して行っております。また、良性疾患に対しては患者さんに可能な限り低侵襲の 手術法(腹腔鏡下手術など)を選択しております。

肛門疾患

痔核をはじめとし、脱肛、ポリープなどの肛門疾患を診療しております。

内分泌外科

乳腺手術、甲状腺・副甲状腺手術、副腎手術などを行い、乳腺に対しては超音波、マンモグラフィ、MRI検査、 細胞診断など必要に応じてより詳細な検査も行っております。

心臓血管外科

岐阜大学院医学研究科 高度先進外科学から専門の先生を迎えて、閉塞性動脈硬化症(手足の循環不全)、血管炎、静脈瘤など動脈、静脈の疾患を診療しております。

その他の外科疾患

鼠経ヘルニア:高齢な患者さんには痛みの少ないメッシュを使用し、術後の疼痛やつっぱり感を軽減しております。

特別外来のご案内

乳腺外科外来

毎週火曜日、13時30分より受付
医師による診察を行っております。検診後の診察・精密検査、乳房のしこりや痛みなど、気になることがありましたら電話で予約後、受診をしてください。

女性特有の診療科である乳腺外科外来においては、診察も検査も女性だけでできるように配慮し、女性乳腺外科医,女性放射線技師,女性検査技師と全員が女性で組織できるような取り組みも行っています。

心臓血管外科外来

第2、第4木曜日、13時30分より受付
原則第2木曜は岐阜大学大学院医学系研究科高度先進外科学分野医師、第4木曜は同大学院医学系研究科高度先進外科学分野教授による診察となります。

 

待ち時間を少なくするため、電話予約が必要です。

外科手術とは

従来からの手術方法である「開腹術」「開胸術」と、新たな手術方法である「腹腔鏡手術」があります。
麻酔薬の進歩や麻酔科の技術力の向上により、以前のような手術後の疼痛に襲われることもなくなりました。

開腹術 お腹を大きく切って行う手術
開胸術 胸を肋骨に沿って大きく斜めに切って行う手術
腹腔鏡手術 お腹に小さな孔をあけて小さなカメラを使用して行う手術

腹腔鏡手術

単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行

日本に入ってきた最初の腹腔鏡手術は、胆石症に対して腹部に4つの孔を開ける腹腔鏡下胆嚢摘出術から開始されましたが、医療機器が進歩し技術力が向上したため腹腔鏡下胆嚢摘出術などは臍部(へそ)だけを数cm切り、そこからすべての手術を行う単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行できるようになりました。

したがって創部は手術をしたのもわからないくらいです。

単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行

内科と外科の消化器チームによるハイブリット手術

消化器内科と協力しながら、内科と外科の消化器チームで治療に望むハイブリット手術と称した手術も施行しています。

手術中に内科医による内視鏡と外科医による腹腔鏡を同時に行い、より低侵襲(体に対する負担を減らす)手術がハイブリット手術です。

このように胃の一部を切除するだけで根治的切除になる症例もあります。

内科と外科の消化器チームによるハイブリット手術

腹腔鏡下手術

県立下呂温泉病院では胃や大腸の疾患に対してガイドラインに従い適切に腹腔鏡を利用して小さな創で手術をする腹腔鏡下手術という低侵襲手術に取り組んでいます。

これは腹腔鏡で手術した患者さんらの術後のおなかの写真です。

腹腔鏡下手術1
腹腔鏡下手術2
腹腔鏡下手術3

腹腔鏡手術は原因不明の腹膜炎の診断を兼ねた治療

腹腔鏡手術は原因不明の腹膜炎の診断を兼ねた治療などにも役立っています。

これは腹膜炎で受診され診断と治療を同時に腹腔鏡手術で行った患者さんの術後のおなかの写真です。自腹は大きいですが手術創はとても小さいです。

手術創はとても小さい

腹腔鏡手術は原因不明の腹膜炎の診断を兼ねた治療

胸部の良性肺疾患に対しては胸腔鏡を使用した低侵襲手術も施行しています。

 

このように小さな孔をあけてそこからカメラを挿入して肺を切除します。

※低侵襲手術:患者さんの体に対する負担を減らす手術

手術創はとても小さい

内痔核硬化療法

内痔核硬化療法はメスを使わない、切らずに注射で治す痔の治療法です

内痔核硬化療法:当院ではジオン注を用いたALTA療法を行っています。ジオン注は硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸注射液が正式名称で、注射することによって粘膜下に炎症を起こさせ静脈瘤を器質化させる薬剤です。

従来の手術(痔核結紮切除術)と同等の効果がありますが、術後の痛みが少なく出血もほとんど無いため、短期入院で治療することができます。当院で施行したALTA療法前後の写真を示します。

術前

術前

術後

術後

地域医療においても安心安全な標準医療を提供したい

先進医療の知識と専門医の技術を持ち下呂市という地域医療においても安心安全な標準医療を提供したいと考え、県立下呂温泉病院外科は診療に取り組んでいます。

  • 採用・募集
  • 看護部
  • 健診センター部のご案内
  • 法人情報

ページの先頭へ戻る