健診センター部のご案内

健診センター部のご案内

年に一度は健診を

病気は普通、罹患が分かった時点から治療するものですが、本当に優れた医療とは、最初から病気にかからないようにすることではないでしょうか。「予防は治療に勝るもの」と言われる所以です。

ご自分の体を定期的に点検し、その結果を知れば、生活習慣を見直して事前に予想される病気を避けることができますし、万が一病気が見つかった場合でも、早期の段階で手を打って根治してしまうことも可能です。

当院の総合健診センターでは、このような理想を実現するために各種の健康診断を実施しております。ぜひ1度ご検討ください。

お申し込みから終了までの流れ(基本ドックの場合)

お申し込みから終了までの流れ(基本ドッグの場合)

※1 採尿、採便は、ご自宅で行っていただきます。

※2 健診結果は、ご希望があれば保健師が直接ご説明します。

お申し込み方法

完全予約制にて実施しております。お電話、または受付窓口にてお申し込みください。ご不明な点等あれば、お気軽にお問い合わせください。

受付専用TEL 0576-23-2233(平日13時~17時(祝日除く))
受付専用FAX 0576-23-2234
 受付窓口 下呂温泉病院 2階 総合健診センター受付窓口

検診実施日

検診実施日

すべてのコースについて、月~金に実施しております。
ただし、以下のオプション検査は実施する曜日が決まっていますのでご注意ください。

乳房X線検査・乳房超音波検査 月・金
子宮細胞診検査・子宮超音波検査 月・水・金

各検診コースのご案内

当センターでは以下の健診コースをご用意しております。
以下で紹介している健診コース及び検査についてはすべて単独で受診することができます。
すべてのコースの健診結果について、ご希望があれば無料で保健師がご相談を受ける体制を整えております。
※記載の金額は、税込(8%)の金額です。

基本ドックコース(29,160円)

健康診断のもっとも基本的なコースです。

メタボリックシンドローム・高血圧・糖尿病などの生活習慣病、胃・大腸・肝臓・腎臓などの検査をします。

また、オプション検査として各種がん検査や脳MRI検査、胸部・腹部CT検査などを選択し、追加できます。健診は、2時間程で終了します。

基本ドック(胃部X線検査の撮影)

基本ドック(胃部X線検査の撮影)

脳ドックコース(39,960円)

脳ドックは総合的な脳の検査を行うコースです。
血液検査・眼底検査・脳MRI検査を行うことで、脳梗塞・脳出血・脳動脈硬化・脳腫瘍などの病気を早期発見することができ、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤の発見にも有効な検査です。検査当日に撮影した画像を見ながら、医師が直接あなたの現在の脳の状態を説明いたします。

メンズがんリスクコース(59,940円)

がんのリスクを画像診断(全身MRI・CTがん検査)及び血液検査(アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査、前立腺腫瘍マーカー検査)でより詳しく検査するコースです。
(全身MRI・CTがん検査、アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査を参照してください。)

詳しくはこちら[PDF]

レディースがんリスクコース(75,060円)

がんのリスクを画像診断(全身MRI・CTがん検査)、血液検査(アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査)及び女性特有の乳房、子宮・卵巣の検査でより詳しく検査するコースです。
(全身MRI・CTがん検査、アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査を参照してください。)

詳しくはこちら[PDF]

アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査+胸腹部CT検査(35,640円)

アミノインデックスがんスクリーニング検査に胸腹部CT検査を合わせることで、診断精度があがり、がんの早期発見・早期治療につながります。

また、メンズがんリスクコースやレディースがんリスクコースに比べて安価で比較的短時間に終わります。

なお、アミノインデックスがんスクリーニング検査とは、1回の採血で血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

それぞれのがんの種類について、現在がんに罹患している確率を数値で報告します。この検査はオプション検査として受けていただくことができます。

対象となるがんの種類について 男性(5種)胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性(6種)胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん
検査の対象者 男性 40歳~90歳
女性 25歳~80歳

詳しくはこちら[PDF]

全身MRI・CTがん検査(39,960円)

最新鋭のMRI及びCT装置で頭部と体幹部を撮影し、腫瘍や炎症などによる病変の有無について調べる検査です。(胸部CT検査・腹部CT検査を参照してください)
検査前における運動の制約や薬剤投与もなく、医療被ばくの心配もありません。検査時間は30分ほどです。 後日、撮影した画像をお見せしながら医師が直接説明します。

詳しくはこちら[PDF]

脳MRI検査(27,000円)

脳MRI検査は、脳に磁気をあてて画像化し、異常がないか調べるもので、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤の発見などに有効な検査です。脳MRI検査については、検査当日に、撮影した画像を見ながら医師が直接説明します。

この検査は、基本ドックコースのオプションとしても、単独検査としても受けていただくことができます。

詳しくはこちら[PDF]

脳MRI検査の撮影画像

脳MRI検査の撮影画像

前立腺MRI・PSA検査(21,600円)

前立腺がんは、早期は無症状で、進行してから排尿障害や血尿などの症状があらわれます。

当センターでは、前立腺がんを早期に発見するため、基本ドックのオプション検査として採血のみで検査できるPSA(前立腺特異抗原)検査を提供しています。

より精度の高い前立腺がんの診断には、MRIを加えることが有用であることから、平成29年4月1日よりPSA検査にMRI検査を加えた検査をオプション検査及び単独検査として受けていただくことができます。

詳しくはこちら[PDF]

胸部CT検査(9,720円)

喫煙と肺がんとの間には強い相関関係があると言われています。2014年の統計では、全がん死の19.9%を占めており、男性としてはがん死の死因率トップとなっています。

この検査は、胸部CT検査により、通常のX線検査では発見が難しい早期の肺がんを発見することが可能です。
検査当日に、撮影した画像を見ながら、医師が直接あなたの現在の肺の状態を説明いたします。

この検査は、基本ドックコースのオプション検査としても、単独検査としても受けていただくことができます。 喫煙者の方にはぜひとも1度受けていただきたいオススメの検査です。腹部CT検査との併用受診もできます。

詳しくはこちら[PDF]

胸部CT検査
胸部CT検査

腹部CT検査(9,720円)

腹部にある臓器(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓など)を細かく輪切りにして画像化することで、腹部の臓器の状況について詳しく知ることができます。

膵臓がんや胆のうがんなどの早期発見にも有効です。胸部CT検査との併用受診もできます。

胸腹部CT検査(14,580円)

肺から腹部の臓器(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓など)にかけての臓器の状況を詳しく見ることができる検査です。(胸部CT検査・腹部CT検査を参照してください。)

詳しくはこちら[PDF]

大腸CT検査(29,700円)

内視鏡(大腸カメラ)を挿入しない新しい大腸検査です。大腸を炭酸ガスによって拡張させ※、新型の64列マルチスライスCT装置を使用して撮影します。コンピューター処理によって得られる大腸の3次元画像により、大腸の病変を診断する検査です。大腸がんの発見に有効です。
ご希望の方には、後日医師による結果説明を行います。
この検査は基本ドックコースのオプションとしても、単独検査としても受けていただくことができます。

※炭酸ガスは、腸管から速やかに吸収されるため、検査実施後の膨満感や腹痛はほとんどありません。

大腸CT検査

腹部腔内脂肪面積測定(2,700円)

おへその位置でのCT画像の撮影・計測により、お腹周りの脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)の蓄積状況を把握することができます。

乳房の検査(X線検査(マンモグラフィー)5,400円、超音波検査 5,400円)

国内の乳がん患者は若年化・増加しています。20・30代から毎年の受診をお勧めします。
検査は、女性技師が担当します。医師による視触診はありません。

詳しくはこちら[PDF]

子宮・卵巣の検査(子宮細胞診 3,780円、子宮超音波検査 3,780円)

子宮や卵巣の病気は、若い世代から高齢者まであります。20・30代から毎年の受診をお勧めします。

詳しくはこちら[PDF]

もの忘れドック(39,960円)

わが国の認知症高齢者の数は、2012(平成24)年で162万人と推計されており、2025(平成37)年には約700万人、65歳以上の高齢者の約5人に1人が達することが見込まれています。

年齢を重ねるとどうしてももの忘れはでてくるようになり、これは自然のことですが、加齢とは別の原因が隠れていることがあります。。

「もの忘れドック」により加齢に伴うあまり心配ないもの忘れなのか、治療を必要とする認知症やその前段階、または別の病気なのかどうかを、問診や脳のMRI、脳の血流をみる検査などをおこなって総合的に判断して、症状の軽いうちに治療に専念することができるようにするものです。

下呂市特定健診、すこやか健診、がん検診(下呂市の皆様へ)

当センターでは下呂市と提携し、下呂市の一定の年齢以上の方に特定健診・すこやか健診・がん検診(胃がん・大腸がん・肺がん・子宮頸がん・乳がん・前立腺がん)、肝炎ウイルス検査の健診を実施しております。

生涯でがんに罹患する確率は、男性49%、女性37%と言われています(国立がんセンターより)。しかし、昨今の医学のめざましい進歩により、検診などで早期に発見されたがんは治る確率が高く、比較的軽い治療で済むようになってきています。

このためがんは早期発見が非常に重要です。ご自分の健康を良好に保ち幸せな生活を送るためにも、定期的にがん検診を受けてみませんか?

特定健診・特定保健指導の重要事項に関する規程の概要[PDF]

下呂市特定健診、すこやか健診、がん検診

協会けんぽ生活習慣病予防健診

協会けんぽ生活習慣病予防健診は、全国健康保険協会管掌健康保険に加入している事業所にお勤めの被保険者の健康保持増進を目的に実施している健康診断です。

当センターは協会けんぽの生活習慣病予防健診の実施機関となっております。

協会けんぽの健診案内をご確認の上ご利用ください。

企業健診

労働安全衛生法に基づく、雇用開始時におこなう「雇入時健診」、毎年定期的におこなう「定期健診」等を実施しております。

雇入時健診 9,180円(税込)
定期健診A(基本コース) 35歳及び40歳以上の方、9,180円(税込)
定期健診B(簡易コース) 35歳を除く40歳未満の方、5,400円(税込)
  • 採用・募集
  • 看護部
  • 健診センター部のご案内
  • 法人情報

ページの先頭へ戻る