病院のご案内

理事長あいさつ

理事長からのごあいさつ

岐阜県立下呂温泉病院は飛騨南部地域の中核病院として、「生活の場の医療」の提供を基本理念として、この地でしか医療が受けられない人や、生活している場所でしか受けられない医療を追求することとして、地域住民及び県民から信頼され、必要とされる病院づくりを目指しております。

当院の前身は国立名古屋病院下呂分院でありますが、昭和28年(1953年)に岐阜県に移譲され、県立病院として開設されました。その後、増改築と増床を繰り返し急性期医療を担う一般病院として発展してまいりました。

しかしながら、建物も老朽化し、耐震問題を始め、新しい医療への対応や入院患者さんへの快適な医療体制を提供するためには、現在の病院建物、機能ではご満足いただけない状況になってきたことから、平成26年5月に新病院を移転新築いたしました。

理事長山森積雄

新病院は快適で安心感ある病室を目指し、「全室個室化」としました。個室を5室1ユニットとした多床室的な個室群をつくり、それぞれのユニットには看護師の業務スペースを設置し、急変時等迅速な対応が可能となっています。

また、診療、処置、検査等の外来部門は全てが1階に集約されており、各受付はブロック受付として、4つのブロックで対応することにしました。

また、懸案であった耐震化については、大規模地震災害時においても診療機能を維持、確保するため、地下免震構造を導入しています。屋上にはヘリポートも整備し、救急受入時間の短縮、ドクターヘリによる高度急性期病院への転院搬送もスピーディに行うことが可能となっております。

新病院はこれまでの病院機能をさらに充実強化しましたので、今後末永く地域医療の担い手として、その責務を果たしていく覚悟です。

医療を取り巻く環境は大変厳しくなり、特に2年に1度の診療報酬改定は病院経営に大きな影響を与えます。加えて医師確保の問題、少子高齢化を見据えた医療提供体制のあり方、働き方改革への対応等数多くの諸課題に対して、職員一丸となって取り組んでいかなければなりません。

今後とも地域の皆さん、県民の皆さんの医療ニーズに応えるために、努力してまいります。

理事長 山森積雄

  • 採用・募集
  • 看護部
  • 健診センター部のご案内
  • 法人情報

ページの先頭へ戻る