岐阜県立下呂温泉病院
下呂温泉病院は、 患者さんや家族のみなさんにまごころと質の高い医療を提供し、地域の人々に信頼される病院を目指します。 トップページへ
来院される皆様へ 病院のご紹介 診療部門のご案内 アクセス

病院の概要

 

理事長からのご挨拶

 岐阜県立下呂温泉病院は南飛騨地域の中核病院として、地域の皆様の健康と福祉の増進に努めております。
 当院の前身は国立名古屋病院下呂分院でありますが、1953年に県に移譲され県立病院として開設されました。その後、増改築と増床を繰り返し一般病院として発展してきました。
 当院は下呂市およびその周辺地域の住民を主に対象とした急性期病院ですが、病院の発展の歴史の中で温泉を利用したリハビリテーションが県内のみならず県外にまで有名になったこととも関係して、1960年に病院名を岐阜県立下呂病院から岐阜県立下呂温泉病院に改 称しております。温泉病院と命名していますが療養型病院ではなく急性期病院として、地域の救急医療の中核病院としての機能も担っております。
 多くの施設基準を取得し、また、臨床研修指定病院(医科・歯科)をはじめとして各種学会の認定施設として、教育研修病院としての役割も担当しています。
 当院は地域中核病院として地域の医療施設との間で病診連携を推進し、地域の医療レベルの向上にも努めております。当院では地方においても都市部の病院と比べて遜色がなく、良質で安全な医療を提供できるように、最新の医療機器を配備し、職員は医療レベルの維持・向上に努めております。最近の医療を取り巻く環境の急激な変化により、病院経営、病院運営には厳しいものがありますが、患者様のニーズに応え、患者様に満足していただける医療・ケアの提供に努めております。患者サービス向上委員会を組織して病院全体として患者サービス向上に取り組んでおります。
 当院では2006年1月より医療総合情報システム(電子カルテシステム)を稼動させております。患者サービスの向上、診療支援機能の実現、病院業務の改善・効率化、職員の利便性の向上、経営管理機能の向上の5つを目的に導入しました。電子カルテの操作に習熟するとともに、電子カルテをより使いやすいものに改修・進化させ、電子カルテを大いに役立てまいります。

当院は、

  地域の中核病院、「へき地医療の拠点病院」として“生活の場の医療”を県立病院の立場から創設し、地域住民及び県民から信頼され、必要とされる病院づくりを目指します。

を理念とし、具体的行動として

   
   1. 病める人の権利を擁護し適正な医療を行います。
   2. より質の高い医療の提供に努めます。
   3. 患者・住民サービスの向上に努めます。
   4. へき地医療の拠点病院として地域医療の充実を図ります。
   5.地域の医療機関との連携・協力体制の充実を図ります。
   6.健全な経営に努めます。
 

 
を、掲げております。

 

診療科目

内科(総合内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・内分泌内科)・小児科・

外科(乳腺外科・心臓血管外科)・脳神経外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・

眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・リハビリテーション科・歯科口腔外科・麻酔科

 

病床数

206床

 

理念

地域の中核病院、「へき地医療の拠点病院」として“生活の場の医療”を
県立病院の立場から創設し、地域住民及び県民から信頼され、必要とさ
れる病院づくりを目指します。

 

具体的行動の指針

   1. 病める人の権利を擁護し適正な医療を行います。
   2. より質の高い医療の提供に努めます。
   3. 患者・住民サービスの向上に努めます。
   4. へき地医療の拠点病院として地域医療の充実を図ります。
   5.地域の医療機関との連携・協力体制の充実を図ります。
   6.健全な経営に努めます。
 

 

 

 

 

 

 

沿革
昭和 28. 7  「県立下呂病院」として開院
35. 5  「岐阜県立下呂温泉病院」に改称
44. 1  「温泉リハビリテーション研究所」を付置
47. 6  総合病院となる(昭和47年6月22日岐阜県指令医第256号)
48. 4  「温泉リハビリテーション研究所」を「温泉医学研究所」に改称
50. 11  救急告示指定病院(昭和50年11月1日岐阜県指令医第768号)
50. 12  僻地中核病院指定
55. 12  リハビリ棟新築 病床数384床
56. 12  手術検査棟新築
63. 4  臨床研修指定病院に指定(昭和63年4月1日付厚生省収健第141号)
平成 2. 4  東洋医学科新設
4. 3  健康診断棟新築
4. 7  東西医学ヘルスドック開設、脳ドックの開設
12. 4  「温泉医学研究所」を「健康医学研究所」に改称
12. 7  岐阜県リハビリテーション支援センターに指定
14. 3  病院機能評価の取得(一般病院種別B)
14. 8  飛騨地域リハビリテーション広域支援センターに指定
14. 11  ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
15. 3  「健康医学研究所」を「健康医療フロンティアセンター」に改称
15. 4  へき地医療拠点病院の指定
15. 7  女性専用外来・ストマ外来の開設
16. 1  回復期リハビリテーション病棟の開設(総病床数325床)
18. 1  岐阜県立病院医療総合情報システム(電子カルテシステム)を導入
18. 3  健康医療フロンティアセンター閉所
22. 4  地方独立行政法人に移行
23. 8  化学療法室の設置
26. 5  新病院開院  総病床数206床(急性期180床 回復期26床)
26. 9  地域包括ケア病棟開設(38床)
28. 3  地域包括ケア病棟増設(38床)
28. 5  女性外来閉鎖

 

 

届出事項


入院基本料にする事項


 当院は、厚生労働大臣の定める入院基本料の基準により入院基本料の届出を東海北陸厚生局長に行っている保険医療機関です。
  1 一般病棟において、1日に看護を行う看護職員数は、常時、入院患者7人に対して1人以上です。
  2 当院は、患者負担による付添看護は行っていません。



特定入院料に
関する事項

1 当院は、西3階病棟について、回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰの届出を行っています。また、東4階病棟及び西4階病棟について、地域包括ケア病棟入院料Ⅰの届出を行っています。

2 回復期リハビリテーション病棟は、医師、看護師、看護補助者、理学療法士、作業療法士等が共同して作成したプログラムに基づくリハビリテーションを集中的に行っています。

3 回復期リハビリテーション病棟及び地域包括ケア病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、入院患者13人に対して1人以上で看護補助職員の数は、入院患者30人に対し1人以上います。



入院時食事療養に関する事項


1 当院は、入院時食事療養(Ⅰ)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。




東海北陸厚生
局長への届出
に関する事項


1 当院は、次の項目について施設基準に適合し、東海北陸厚生局長へ申請・届出を行い、承認・受理されています。(平成29年2月1日現在)


 ◆歯科外来診療環境体制加算
 ◆7対1入院基本料
 ◆超急性期脳卒中加算
 ◆診療録管理体制加算1
 ◆医師事務作業補助体制加算1(40対1)
 ◆急性期看護補助体制加算1(25対1、看護補助者5割以上)
 ◆重症者等療養環境特別加算(個室5)
 ◆医療安全対策加算1
 ◆感染防止対策加算1(感染防止対策地域連携加算)
 ◆患者サポート体制充実加算
 ◆褥瘡ハイリスク患者ケア加算
 ◆退院支援加算2
   ◆認知症ケア加算2
 ◆回復期リハビリテーション病棟入院加料1
 ◆地域包括ケア病棟入院料1
 ◆データ提出加算2
 ◆糖尿病合併症管理料
 ◆がん性疼痛緩和指導管理料
 ◆がん患者指導管理料1
 ◆がん患者指導管理料2
 ◆開放型病院共同指導料
 ◆がん治療連携指導料
 ◆薬剤管理指導料
 ◆医療機器安全管理料1
 ◆歯科治療総合医療管理料
 ◆HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
 ◆検体検査管理加算Ⅳ
 ◆神経学的検査
 ◆コンタクトレンズ検査料1
 ◆CT撮影及びMRI撮影
  (CT16列以上64列未満2台、MRI1.5テスラ以上3テスラ未満1台)
 ◆抗悪性腫瘍剤処方管理加算
 ◆外来化学療法加算1
 ◆無菌製剤処理料
 ◆心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)(初期加算有)
 ◆脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算有)
 ◆運動器リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算有)
 ◆呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)(初期加算有)
 ◆歯科口腔リハビリテーション料2
 ◆透析液水質確保加算2
 ◆乳がんセンチネルリンパ節加算1及びセンチネルリンパ節生検(併用)
 ◆乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)
 ◆ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
 ◆大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
 ◆胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
 ◆人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
 ◆胃瘻造設時嚥下機能評価加算
 ◆歯周組織再生誘導手術
 ◆クラウン・ブリッジ維持管理料
 ◆在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
 ◆輸血管理料Ⅱ
 ◆輸血適正使用加算
 ◆麻酔管理料1
 ◆下肢末梢動脈疾患指導管理加算
 ◆CAD/CAM冠

  

明細書の発行状況に関する事項

・ 当院では、医療の透明化や患者さんへの情報提供を積極的に推進していく観点
  から、平成22年4月1日から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定
  項目の分かる
明細書を無料で発行しております明細書には、使用した薬剤の
  名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点、ご理解いただ
  き、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨お申し出ください。
  明細書の保存には十分ご注意ください。



保険外併用療養費


1 他の保険医療機関からの紹介によらないで、当院で最初に受診された患者様に
  は、初診に係る費用(特定療養費)として1,500円をご負担願います。

2 入院治療に際し、特別室を利用されますと1日につき次の個室料金をご負担願
  います。

項目 料金 病室番号
西病棟 東病棟
A室 9,720円 401,501 351,451,551
B室 7,560円 374,377
C室 5,400円 438,538 373,375,376,
378,488,588

3 患者様の事情により、入院期間が180日を超える場合については、1日につき
  2,580円をご負担願います。

4 当院での金属床総義歯の料金は、次のとおりです。

1床あたりの料金
上顎 下顎
コバルトクロム床 162,000円 162,000円
チタン床 248,400円 248,400円
貴金属床 432,000円 432,000円

5 医薬品及び医療用具の治験に係る診療に関する基準の届出を行っています。

6 当院でのう蝕(虫歯)に罹患している13歳未満の患者様(う蝕多発傾向者
  を除く)の指導管理の料金は、次のとおりです。

継続管理の種類 料金
 フッ化物局所応用
 (フッ素塗布)(1 口腔1 回につき)
1,080円
 小窩裂溝填塞
 (歯の溝を予防的に合成樹脂で塞ぐこと)(1 歯につき)
540円

7 保険外負担に関する事項

 1当院の歯科に関する料金は、次のとおりです。

(1)仮義歯(1床、含維持装置)の料金
   1~8歯  54,000円(税込)
   9~14歯 64,800円(税込)
   全部床   75,600円(税込)

(2)便宜抜歯(薬代別)
   前 歯      1,728円(税込)
   臼 歯      3,024円(税込)
   難抜歯      5,400円(税込)
   埋伏歯     11,880円(税込)
   下顎水平埋伏歯 12,960円(税込)

(3)インプラント(人工歯根)治療の料金
      1本当たりの料金
  下部構造    194,400円(税込)
  上部構造     75,600円(税込)
   定期観察        1,620円(税込)

2 当院では、以下の項目について、その使用量、利用回数に応じた実費の負担
  をお願いしています。
 (1)紙おむつ代   種類に応じて1枚あたり77円~127円(税込)
 (2)病衣      1日につき    70円(税込)
 (3)スリッパ    1回につき   160円(税込)
 (4)スウェットM  1回につき 1,140円(税込)
 (5)スウェットL  1回につき 1,490円(税込)
 (6)エンゼルセット 1回につき 4,250円(税込)
 (7)ねまき(M/L)  1回につき 1,600円(税込)

 

3 その他の諸料金
   セカンドオピニオン外来相談料 1回につき 10,800円(税込)
    ※ただし、相談時間が30分を超える場合は、30分(30分に満たな
     いときは30分とする。)を増すごとに5,400円を加算した金額
     とします。

 

4 その他手数料等

(1) 文書交付手数料

種   類

区   分

単 位

主治医意見書

在宅者新規

1通につき

5,400円

在宅者新規以外

1通につき

4,320円

施設入所者新規

1通につき

4,320円

施設入居者新規以外

1通につき

3,240円

地方公務員災害補償保険法、国家公務員災害補償保険法等に基づく地方公務員、国家公務員等の公務上の災害に係る保障の給付手続きに必要な診断書、障害者総合支援法に基づく装具判定に必要な意見書等

 

1通につき

1,500円

証明書

出産証明書

1通につき

1,620円

過去病院で交付した文書の控による原本証明

1通につき

540円

簡易な証明書

1通につき

540円

備考

1 診断書作成支援システムにより電子管理されている文書については、100分の
  40に相当する額を加算(電子管理加算)する。
2 1通が2枚以上にわたる診断書を発行する場合は、2枚目以降1枚(A4版換
  算)を増すごとに定められた診断書の額にその額の100分の50に相当する額を
  加算する。ただし、1枚目に限りA3版までを1枚とする。
3 国、地方公共団体等から設定料金の通知があった場合及び、理事長が国、地方
  公共団体等と受託契約を締結した場合は当該金額とする。

(2)その他の交付手数料

種   類

区   分

単 位

CD-R

情報公開及び診療情報提供料算定時の交付を除く

1枚につき

1,000円

 

(3)その他の手数料

事務の内容

手数料の名称

単位

額(円)

1 生命保険診断書、自動車損害賠償保険診断書、恩給診断書、年金診断書若しくは訴訟関係診断書又はこれらに関する診療費明細書の交付

岐阜県立下呂温泉病院生命保険診断書等交付手数料

1通につき

生命保険診断書、自動車損害賠償保険診断書又はこれらに関する診療費明細書に係るものにあっては3,860円、恩給診断書、年金診断書、訴訟関係診断書又はこれらに関する診療費明細書に係るものにあっては3,500円

 

2 死亡診断書(死体検案書)、死産証書(死胎検案書)又は普通診療費明細書の交付

岐阜県立下呂温泉病院死亡診断書等交付手数料

1通につき

 2,380円

3 普通診断書又は証明書の交付

岐阜県立下呂温泉病院普通診断書等交付手数料

1通につき

1,620円

4 再発行診察券の交付

岐阜県立下呂温泉病院再発行診察券交付手数料

1通につき

 260円

 

5 当院では、「施設管理費」、「雑費」等はいただいておりません。

 

 

病院のご紹介
病院の概要
下呂温泉病院の取り組み
学会施設認定について
各種業績
医療機関連携
総合検診センター部のご案内
回復期リハビリ病棟のご案内
退院調整室・医療相談室のご案内
摂食えん下部会